キャッシングに助けられていること

先月、胃潰瘍で入院しました。かなり以前から胃が痛いことが多かったのですが、胃腸薬を飲むことによって緩和することが出来ていました。おそらく胃潰瘍でないかと自分でも分かっていたのですが、ストレスを解消すればそのうち痛みは無くなると思っていたのです。

 

ところが、薬で誤魔化したりしてそのまま生活していたので、症状は悪化していたようなのです。結構痛みが続くようになったので病院にいってみたら、すぐに入院しなければいけない状態になっていました。

 

そのときの入院費用を支払ったので、今月に使える自由なお金はほとんどなくなりました。月末までに公共料金の支払いなどがいくつもあるので、どうやら即日キャッシングで足りない分をカバーしなければいけない状況になったようです。

 

キャッシングは以前にも利用しており、一時的に借り入れるだけなので、長い目で見れば問題ない事は分かっています。緊急時に借入先がないととても困るので、金融会社のキャッシングには助けられています。

自営業で輸入販売しているので、関税の支払いに

自営業で輸入販売しているので、仕入れ代金を支払ったはいいけれど、関税にも何十万も取られるけど、今すぐにはキャッシュが無いという時、お金を借りようか迷います。

 

今は、銀行のローンも発達していて、200万円まで借りられて、初回なら2か月以内に返済すれば利子は0で済むというものもあります。

 

最近、よくネットでローンやキャッシングの広告を見るようになりました。
過払い金請求で苦労した分、貸す側も改善しているんでしょう。

 

そういう意味では、自分の貯金で関税を払えなくなったら、銀行のローンを利用すると思います。

 

また、商品を入れる倉庫の広さが足りなくなったら、銀行のローンを利用すると思います。
事業は順調に発展しているんですが、逆に先行投資にお金がかかるのが事業というものです。

 

そこで、新しく倉庫を建て増したい場合、現金は仕入れに回したいので、銀行からローンのローンで建てると思います。
プレハブなら100万円ぐらいで倉庫は建つので、最小限の金額を借り入れれば、利子もそんなにかさまないと思います。

 

また、新しい商品のラインナップを増やそうと思った時、そのマーケティングに結構お金がかかります。
何度も言うように自転車操業ですから、マーケティングにまではお金は出せません。

 

以前は、自分の貯金で賄いましたが、私の貯金も底をつきました。
そこで、次に新しい商品の販売展開をするときには、マーケティング代として銀行からお金を借りると思います。

お金を借りることに慎重を期しましょう

昔からお金は命の次に大事だと言われれてきています。

 

お金は大切なものに違いありません。

 

大切なお金を借りる場合はよくよく考えて借りるべきです。

 

借りる先も大事です。

 

借りた先によっては後に大やけどを食らうことになりませんから慎重を期しましょう。

 

何故お金を借りなくてはならないのかという正当性も大切です。

 

入院して手術するお金がないとか、子供を学校の行事に参加させるお金がないとか、こんな場合の借金については大目に見てよいでしょう。

 

大目には見ますが町金融のようなところでは借りないようにします。

 

個人から借りるのも避けたいものです。

 

銀行などの金融機関にローンカードなどを作っておいて借りるのがベストではないでしょうか。

 

 

お金を借りた時はとても有り難いものです。

 

しかし一晩寝るとその有り難さはすぐ忘れてしまいます。

 

返済するのが苦痛に感じてしまいます。

 

銀行などから借りた場合は遠慮はいりませんが、身内や知人など個人から借りた場合には翌日から頭の下げっぱなしになりますから、とてもつらい思いをすることになります。

 

返済した後でも、あの時困ってお金を借りたとの思いが10年、20年と残ります。返済したにもかかわらず、負い目を感じる人生を送らなくてはなりません。

 

お金を借りることは僅かな額にしても負担が付きまといます。

 

借金をせずに人生を送れることが理想です。

 

然しそういう人は少ないと思います。

 

真面目に働き、倹約してお金を貯めておくことが第一です。

 

それでも不幸にして借金せざるを得なくなったときは、銀行等あとくされない先から借りるようにしましょう。

 

お金はその人の人生を左右することが多々あります。

 

借金にはくけぐれも注意したいものです。

お金を借りようと思ったとき

自分はお金に困ったときに友人や家族から借りるのではなく消費者金融から借りることにしています。

たいていは生活費の補填なのですがどうしてもピンチな時はお金を借りています。

生活が安定していればお金を借りようとは思わないと思いますがなにせ安定しない給料なので仕方がありません。

急に冠婚葬祭や職場の付き合いの時もそうですしお金を借りなければならないと思うときは結構な頻度であります。

正直にお金がないと言える人間であればいいのですが自分の場合はそれができません。

だからこそお金を借りてその場をしのぎ後で返済をしていくという方法を取っているのであります。

自分がお金を借りようと思うときはたいていそんなときなのであります。

多彩になった金融機関の借り入れ方法

昔は銀行などからお金を借りるには時間がかかりましたが、今は申し込み当日中にお金を借りることが出来るローン商品も充実しています。

インターネットなどから申し込みを行い、審査に通過すればそのまま契約を結ぶことも出来るのです。

ATMを利用して借り入れを行ったり指定の口座に振り込んでもらうことも出来るので、借り方も多様化していると言えます。

以前は、借り方も限られていました。金融機関の窓口で現金でお金を借りたり、専用のATMからの借り入れなどが主流だったのです。

ですが最近は提携している銀行のATMを利用した借り入れも可能になっていて、コンビニATMから手軽に融資が受けられる金融機関も増えています。

お金を借りる方法が多彩になるとますます便利になり、気軽に借り入れが出来る人も増えてきたようです。

お金を借りれる場所はたくさんあります、返すあては必要です。

お金を借りる方法をしては、どこにお金を借りるかということと、借りる目的をしっかり決めておかないといけないです。

例えばお金を銀行に借りようとするならば、それなりの事業計画があって、さらに返せる見込みがないと貸してくれないでしょう。

消費者金融に借りるとなると、上限はありますが、アルバイトであってもお金を借りることが出来ます。

正社員であれば50万円まではすぐに審査が下りるでしょう。

最後は、知り合いにお金を借りるということです。

知り合いにお金を借りるのは、勇気が要る作業になります。

失敗するとお金とともに、友達関係や家族関係がむちゃくちゃになってしまいます。

返すあてがないのであれば、借りる時に素直に正直に話しておく必要はあるでしょう。

お金を借りないと生活できないような状態に、ならないように生活して行きましょう。

お金を借りることに対して思うこと

私は人や消費者金融から全くお金を借りたことがありません。

そもそもお金を借りるということは借りる側と貸す側に信頼関係が無いと成り立ちません。

借りられたとしても期日までにお金を返せなければ相手に迷惑をかけてしまいます。

たとえ借りる相手が友人であってもそんなことになれば信頼関係を失うことになるかもしれません。

また、借りることに利子を請求されたら借りる側は余分にお金を返さなければならなくなり、借りた時は助かっても結果だけ見ると損しているように感じます。

借りる必要がなければ利子を払う必要はないのですから。

お金を借りる時は本当に必要な時だけにした方が良いと思います。

信頼を失わないためにはあまりお金を借りないことが良いと思いますが、借りる際は絶対期日を守ることを勧めます。

お金を借りるイメージは人それぞれです

一般的にお金を借りる事に対するイメージは良くない事が多いです。

自分のお金で何とかできないからキャッシングする訳ですから、お金にだらしないとか金遣いが荒いと言った、良くないイメージを持つ人が多いと思います。

ですがそれはお金を借りたことがない人だからこそ、そんな事が言えるのだと思います。

実際にお金を借りた人ならば、そんな事を思っていない人の方が多いと思います。

誰しも自分のお金で何とかできれば良いと思っているはずです。

しかし現実はそう甘くはなく、自分のお金で何とかならない事もあるのです。

ですからお金を借りたことがある人とない人では、お金を借りる事に対するイメージは違うと思います。

お金を借りるイメージは人によって違うと言え、どのイメージが正しいとは言えないと思います。